今日はなんの日?

豆太郎は私に対してとてもとても甘く、優しいです。

たまに心配になる程です

ですがそんな豆太郎の優しさに私はどっぷり浸って日々心穏やかに過ごしています。

この話もそんな日々の中の一つのお話です…

起きて!起きて!

休日の朝。

お弁当も作らなくていい、パートも休み、そんな日は目覚まし時計を気にせずにゆっくり寝れる最高な朝。

そんな朝のことです…

豆太郎に突然起こされる。

『今日はなんの日?』

クリスマス…ではない。まだクリスマスじゃない。

記念日…でもない、何ヶ月記念日とかでもない。

え、何の日????

ちょっと何言ってるか分かんない

起こされるなり、いきなり【今日は何の日か】と問題を出され、全く頭の働かない私はただただポカンとしていました。

すると

と言うのです。

最初は【?】でした。

え?生まれてから10,000日目?

じゃじゃ子『え?なにそれ!?調べたん?』

豆太郎「うん!前から調べててん!」

【10,000日記念日】と検索すると、誕生日から10,000日目が計算できるそうです。

さぁ出掛けるで!

豆太郎「ほらはよ着替えて!出掛けるで!」

 

そして2人でお買い物へ…

豆太郎はクリスマスやし、誕生日やし、プレゼント買う!と言って暖かいダウンジャケットを選んでくれました。

ただ…お値段が割と可愛くないお値段(高い)

服を買うとき、いつもセール品を狙ったり、比較的お値段の安い服屋さんに行ったりしている私。

豆太郎が選んでくれたジャケットは私にとっては高級品レベルだった。

今しか出来ん事やから。

値段にビビりまくり購入を悩みまくる私。

『えー、あったかいけど、でも、えー。』

と言いながらお店で10分以上頭を抱えていました。

そんな私を見て豆太郎が

寒がりでフリースや暖かい肌着を重ね着しまくり着太りしていた私を、豆太郎は心配してくれていたそうです。

これからもっと寒くなるから、パートに行く時もこれ着てたらあったかいでしょ?と言ってくれました。

今は夫婦二人暮らしだけど、少し先の未来の事をちゃんと考えてくれてるんだな、ということも会話から感じることが出来て嬉しくなりました。

少し早いけどメリークリスマス

豆太郎の優しさに甘え、暖かいジャケットをゲット。

ジャケットを買ってもらえたことよりも、生まれて10000日記念なんてまさか祝ってもらう日が来るなんて思っていなくて、そういう所をチェックしてくれていた所に『あぁもう、なんでこんな可愛いの。』と思い、暖かく過ごして欲しいからという気遣いがとても、とても、嬉しかった

来年も、ずっと

結婚してから2度目のクリスマス。

3度目のクリスマスは家族が1人増えているだろうか、まだ2人でお祝いするだろうか。

なんて

そんな事を考えるのも幸せな時間。

言い合いするときもあるし、鬱陶しいなってイラッとするときもあるけれど。

やっぱり可愛い旦那、豆太郎。

いつもありがとう。これからもよろしくね。

Advertisement