(4)今日を笑って迎える為に。

こんにちは!

本日もブログに足を運んでくださってありがとうございます!

プロポーズが終わり、親への挨拶が終わり、いよいよ豆太郎との生活を始める為に

引っ越し、そして入籍です…

今回は関西から豆太郎の住む中国地方へ引越しをするまでのお話です!

前のお話はこちらから→https://jajako.biz/2019/03/01/kekkon-3/

時間がない!!

当時働いていた関西の会社を7月に退職して、8月には豆太郎の住む中国地方への引越しをすることになりました。

豆太郎にプロポーズされたのは4月

まぁ何だかんだ時間もあるし、大丈夫だろうと思っていました。

ですが実際動きはじめてみると…

 

もっと余裕を持って動けば良かったと猛省。

自分の引っ越しだけならそこまで大変では無かっただろうけど、母親の引っ越しの手伝いもしたかったし、関西を離れる前に友人達にも会いたかったし…

そうなると三ヶ月は全然時間が足りなくて、毎日何かしらバタバタしていました。

豆太郎の家は段ボールの山

引っ越し業者を使うと料金が高くなってしまうので、引っ越しは郵送で済ませました。

家具などの荷物が一つもなかったので、荷物は殆どが衣類、そしてアルバムなどの思い出の品でした。

時間が無くなってしまった大きな原因の一つは

アルバム

母と写真を見返してはあーだこーだと話が弾み、気付けば2、3時間経っていたり…

そして荷物の大半を占めた衣類でも時間をとられていました

少しずつ準備できた荷物は送れるものから豆太郎の元へと送りました。

なので豆太郎の家は私の荷物の段ボールの山が出来上がっていったのでした。

豆太郎の家に段ボールが増えるのと反比例して、私の部屋はどんどんスッカラカンになっていった。

さよなら関西。

8月のお盆の時期…

 

私は関西を離れ、中国地方へ。

正直引っ越すという実感が全然無かった。どちらかというと豆太郎のところへ長期で遊びに行くような感覚だった。

 

約2時間、新幹線に揺られて

豆太郎の家に到着。

 

私が送った段ボール達を目の前にすると

『あー。今日からここに住むんだなぁ。』

と、引っ越したということを少しずつ実感していったのでした。

 

あとがき

読んでくださってありがとうございます!

時間がないから早くしなきゃって思うのに、アルバムがあるとどうしても気になって見ちゃうんですよね…笑

あと昔の手帳とかね…笑

さて、次回はいよいよ婚姻届を出しに行きます!

婚姻届も色々と問題発生で、時間との戦いでした笑

Advertisement