【最終話】私のおばあちゃんーコロナ禍でのお別れー

前のお話↓

【5】私のおばあちゃんーコロナ禍でのお別れー

最終話

あとがき

コロナ禍で

お見舞いに行けない

面会出来ない

最期に立ち会えない

という話はニュースなどで聞いたことがあって

『悲しいな、寂しいだろうな…』

と、その時は完全に他人事として見ていました。

 

実際コロナ禍で大切な人との別れを経験した私の今の気持ちは

『実感がない』

会いに行けないままもう会えなくなってしまったおばあちゃん。最後にちゃんと顔を見て話したのは一年以上前でした。

コロナがなければあーだこーだ考えずにすぐに関西に帰れたんじゃないかとか

すぐ行動できなかったのをコロナのせいにしてるだけなんじゃないかとか

今でもモヤモヤ考えています。

そんなことを考えてあるのですが

おばあちゃんが亡くなったという実感がいまだにありません。

 

関西に帰って

片付けられたおばあちゃんの部屋を見て

そこにいるはずのおばあちゃんが居ないことを確認してやっと実感できるのかな?と思っています。

 

今回自分の気持ちの整理の為ここにおばあちゃんの事を書かせて頂きました。

コロナ禍で同じようにお別れが出来なかった方がきっと沢山いらっしゃると思います。

 

1日でも早く収束してほしいです。

 

最後まで見てくださってありがとうございました

 

【おわり】

 

 

 

 

24+






同じカテゴリの記事