自信がありませんでした〜第一子を授かった私の妊娠初期までの気持ちの変化〜(1)

こんにちは、じゃじゃ子です。

ブログまで足を運んでくださってありがとうございます!

この話は第一子を授かった私の、妊娠初期までの気持ちの変化を書いたお話です。

第1話

あとがき

私の周りの友人は結婚したらすぐに赤ちゃんが産まれている子が本当に多くて

私は『ウチらも結婚して一年くらいしたら赤ちゃん来てくれるんやろうなぁ( ・∇・)』なんて

妊娠する事を甘く考えてました。

でも子供を授かるってホンマに奇跡みたいな事で、ちょっとタイミングが合わないだけでも赤ちゃんはやって来ないし、私の友人にも何年も妊活をしている子もいます。

3年間子供を授かることができなくて、あぁ、私ってホンマに考え甘かったなぁ。と思いました。

 

そして3年間の間に周りの友人がどんどん出産して、帰省するたびに『次はじゃじゃ子の番かなぁ』『じゃじゃ子の子も可愛いやろうなぁ』なんて言われて

そう言われるのは別に嫌ではなかったんですけど

妊娠、出産、子育てという事に対して

私は自信がありませんでした。

 

ー続きますー